MENU

物忘れと認知症との違い

年を取ってくるとよく物忘れをするようになります。そして物忘れをした人は、もしかしたら認知症になるのではないか……と不安になってしまいます。
しかし、物忘れと認知症は全く違います。物忘れと認知症との違いは何なのでしょうか。

 

物忘れとは、加齢による記憶能力の衰えです。年を取ると筋力や体力が低下するのと同じように、記憶能力も低下します。これはごくごく自然のことであって、何も悲観することはありません。進行もほとんどしないので、日常生活に支障をきたすこともまずありません。

 

対して認知症は病気です。加齢が原因であることがほとんどですが、衰えではなくて病気です。そのまま放置しているとどんどん進行してしまうので、急いで対策を行う必要があります。進行してしまうと満足に日常生活も送れなくなってしまいます。

 

では、物忘れと認知症の見分け方はどこにあるのでしょうか。
それは、物を忘れたという自覚があるか否かです。

 

物忘れの場合には、物を忘れたという自覚があります。昨晩のメニューを忘れた場合にはメニューはなんだっけ、有名人の名前を忘れた場合には名前はなんだっけ、と自分は忘れているという前提で考えます。記憶は頭の中の引き出しにきちんとしまわれているのですが、どの引き出しかを忘れてしまってもたついている状態です。
対して認知症では、物を忘れたという自覚がありません。昨晩のメニューを忘れた場合には昨晩何も食べなかった、有名人の名前を忘れた場合にはこの人なんて知らない、と自分は忘れているという前提がありません。つまり忘れていること自体を忘れているのです。記憶が頭の中の引き出しにそもそもしまわれていない状態です。ですので、そもそもしていない知らないと考えてしまいます。

 

このような認知症の特徴があるので、本人は自身が認知症であることに気付くのはなかなか難しいです。忘れている自覚がないので、原因を自分ではなく、他人に向けることが多いのです。場合によっては怒り出すこともあります。

 

ですので認知症を発見するのは本人ではなくて周囲の人達です。物忘れを指摘した時に本人が自身の物忘れを自覚した時には正常ですが、自覚せずに頑として譲らない場合には認知症を疑いましょう。

 

忘れていることを覚えている段階では大丈夫ですが、忘れたことも忘れた場合には要注意です。本人よりもむしろ周囲の人達が、物忘れと認知症との違いをしっかりと把握して、注意深く見守るようにしましょう。

物忘れチェックするには、脳ドッグが一番!

物忘れドッグが地域別に検索できて、大変便利です。各検診センターの脳MRI、PET-CTの概算費用や予約状況を見ることもできます。