MENU

高齢者の車の運転〜認知症との関係も含めて

高齢者になると、運動機能や判断機能が低下していくのはごく自然なことです。ですからそれによって日常生活に支障が出てきても、そのことを深刻に悩むのは心身にとって望ましくないことです。単なる物忘れかもしれませんし・・

 

ただしそれによって、周囲に、時には命にかかわるような迷惑をかけることが想定される場合には、冷静に考えることも必要です。

 

たとえば車の運転です。

 

これには周囲の状況を見抜く観察力、それによって状況を判断する判断力、その判断の通りにハンドルやブレーキを扱う運動能力など、実に多くが求められます。しかももし、その扱いに失敗してしまった場合には、時には多くの人の命を危険にさらしてしまう可能性もあります。車は非常に便利な道具です。

 

しかし時には凶器になることもある道具でもあります。ですからもし、高齢者の方で車を運転することに不安があると言う人は、状況が許す限りは運転を止めたり、免許を返納することが望ましいです。

 

 

認知症患者が運転するリスク

そして高齢者の車の運転で忘れてはいけないのが、認知症との関係です。これは実際に認知症の人が、運転中にアクシデントを発生されてしまったと言う事例も相次いでいることから、社会問題と言うこともできます。

 

 

こうした状況を受けて、国では75歳以上の人が免許を更新する場合、認知症の疑いがありと診断された場合には、医師の診断を義務化すると言う案を可決させました。

 

しかし現状、75歳以下でも認知症を発症している人はたくさんいますし、それが明らかになっていない人、そのまま車を運転している人もたくさんいます。認知症になると、本人は自分の状況を理解できていないと言うことも多くあります。ですからその危険性を訴えるのは、周囲の人の役割と言うことになります。

 

しかしこれは容易なことではありません。勿論、素直に運転を止めると言う人もいますが、意固地になってますます運転に執着するようになる人もいます。ですが事が起きてからでは遅いのが現実です。

 

たとえば認知症の人が一目置いている人にアドバイスしてもらうように頼むとか、自動車修理工場などにお願いして車を動かせないようにするのも対策です。また本人の外出意欲を、車以外の交通手段で叶えることも大切です。

 

 

 

物忘れチェックするには、脳ドッグが一番!

物忘れドッグが地域別に検索できて、大変便利です。各検診センターの脳MRI、PET-CTの概算費用や予約状況を見ることもできます。