MENU

人の名前が思い出せない対策

この人誰だったかな?

 

年齢を重ねていくと、瞬時にこの人の名前思い出せない、と思ってしまう瞬間があります。

 

ほかにも、毎日何人もの人と会う営業マンの場合も、あまりにも顧客情報が多すぎて、この人の名前思い出せない、どうしよう、となってしまう困った時があります。

 

人の名前は、覚えていて当たり前、と思われていることが多いです。

 

その前提で会話が進められていくので、名前を思い出せないのは致命的だったりします。なので、人の名前をできるだけ覚えておく対策は大切です。

 

 

名前を忘れない対策

人の名前を忘れてしまうことへの対策は2つあります。ここでは、事前に名前を忘れないようにする対策と会話中に忘れてしまったときの対策についてタイプ別に解説します。

 

 

名前を覚えやすくする

一つは、人の名前を覚えやすくする事です。

 

もう一つは、忘れてしまった時の、失礼でない名前の聞き方です。一つ目ですが、人の名前を覚えておくには、もらった名刺にその人のワンポイント特徴を書いてしまうことです。

 

営業マンの場合、名刺をたくさんもらいますが、こうやってその人の特徴を書いておくと、次会った時に、その人の名前と関連付けて思い出せますし、話のネタも振りやすいです。

 

特徴が難しければ、その相手と会った時に話題にした内容でもいいでしょう。この人は「お酒が好き」とか、「釣りが趣味」とか書いておくと、次会う時用のネタも仕込みやすいです。

 

もし、営業先でもらった名刺を会社で共有する時は、名刺のコピーをとって自分だけの名刺としてストックしておくといいです。こうすると、ワンポイントのコメントも書きやすいです。

 

自分しか、このワンポイントメモを見ないので、率直な意見やズバッとした特長を書いても大丈夫です。

 

もし、名刺とかをもらえずに、沢山の人を覚えていなければならない時は、自分専用の人の特徴を書いたメモを作っておきましょう。この場合も、同様にその人の名前と、特長、もしくはその人と話した内容等の中から、自分が印象的だったと思うものを一つ選んで書いておきましょう。

 

そして、もし余裕があれば、その人と会うごとに、一つずつその人の特徴や、会話のネタを書いていきましょう。

 

すると、その人と会った回数がわかるだけでなく、会う回数ごとにその人に対する情報が増えていくようになり、ゲーム感覚みたいで楽しく、人の名前を覚えていけます。

 

 

会っている時に名前を思い出せるコツ

二つ目に、名前を万が一、失念してしまった時の対処法ですが、これは会話の中でさりげなく本人から聞き出すのが得策です。

 

その時に聞くのは、その人のあだ名です。

 

会話の中で、あだ名に話題が行くようにさりげなく誘導しながら、「そういえば、仲のいい人から、どんなあだ名で呼ばれてるのですか。」と聞きましょう。

 

すると、たいてい、本名をもじったのがあだ名ですから、あだ名の説明の際に、本名をさりげなく知ることが出来るのです。

物忘れチェックするには、脳ドッグが一番!

物忘れドッグが地域別に検索できて、大変便利です。各検診センターの脳MRI、PET-CTの概算費用や予約状況を見ることもできます。