MENU

物忘れがひどい若い方がかかる可能性がある若年性健忘症の対策とは

最近物忘れがひどいと考える方は、中高年に多いと思われていましたが、実は若い方でもこうしたもの忘れを実感するケースが増えています。
人の名前が思い出せなかったり、買い物に出ても用事を忘れてしまったりとこまかいことではあるのですが、思い出せないという方から、仕事に支障が出て会社をやめなくてはいけなくなってしまうケースもあるのです。

 

こうした症状を若年性健忘症といいます。

 

これは現代社会ならではの病気とも言えるもので、20代、30代の若年層に見られる記憶障害です。

 

 

原因として考えられるのは強いストレスや、頭部への損傷、または脳を使わない習慣が引き起こしてしまうと考えられています。

 

認知症の場合には脳のレントゲンを撮った時に、ある特定の部分の萎縮などが見られるのですが、この症状は脳を撮影しても特定の変化や異常が見つからないという特徴があります。
症状としては誰かが話していることや、自分に向けられた言葉を理解することができなくなってしまったり、聞いたことでもすぐに忘れてしまうことがあり、これは年齢を重ねるにつれて増えてくる物忘れの症状と似ているのです。

 

 

ただし20代30代でこのような物忘れが起きてしまうのは健忘症の可能性があると言えるでしょう。

 

どうしてこのような症状が増えてしまうのかというと、現代社会の便利さに原因があると言われています。

 

パソコンやスマートフォン等の普及によって人の生活はたいへん便利になり、自分で考えなくても計算や文字を書く動作、調べることなどがとても簡単に済んでしまうようになっています。

 

計算なども電卓を使えばすぐにできますし、辞書を引かなくても携帯ですぐに言葉や文字を調べることができます。

 

自分で考えたりアイディアを出し続けるような環境ではなく、受動的でいてしまうことも脳に対する刺激が少なくなり、こうした健忘症を引き起こす可能性があります。

 

脳は加齢とともに変化して物忘れをしてしまいがちになりますが、例え若い方でも、脳を活発に働かせないと健忘症になってしまう可能性が有るのです。

 

この若年性健忘症にならないようにするための対策としては出来るだけ脳に刺激を与え続けることが大切です。

 

計算を電卓ではなく自分ですることや、字を手で書くことはたいへん脳のトレーニングとなります。

 

また、自分でアイディアを出して仕事をしたり家事をこなす、運動をするなど脳に刺激を与えることが若年性健忘症を防ぐことができます。

 

物忘れチェックするには、脳ドッグが一番!

物忘れドッグが地域別に検索できて、大変便利です。各検診センターの脳MRI、PET-CTの概算費用や予約状況を見ることもできます。